くいものや楽、汁べゑ、椿々、東京ワイン倶楽部 楽、チョップスティックカフェ、三十五段屋、ゑびす堂、楽椿、べゑ's BAR 虎龍 、2918、東京コケコッコ本舗の楽コーポレーション オフィシャルサイト

Q.歳をとっても楽しく商売を続ける方法を教えてください。

昔、猛烈にオモシロイ子がいてね〜

女の子のお客さんの前にポンってお花を置くんだよ🌷
で女の子が「えっ何?」って聞くじゃない、
そしたら「いやぁ、今日一番綺麗だから」って😆
そこから話を盛り上げて楽しませるんだけど、
少ししたら「ちょっと借りるね」って言って、その花を持って他のお客さんの所に持って行くんだよ、そこでまた同じこと言って盛り上げてるんだよ❣️
で、また元の女の子の所に戻って来て、ヒド〜いなんて言われながら、それをネタにしてまた笑かしてwww

いやホントにお笑い芸人なった方がいいんじゃないかくらいにオモシロかった。

もちろんそんな面白い子ばっかりじゃないし、話が苦手な子もたくさんいるよ。

でもそれはそれなりに楽しむ方法があると思うんだよ。

結局は目の前のお客さんにどれだけ喜んでもらってるかが重要で、その方法が喋りだったり、盛り付けだったり、ちょっと変わったドリンクだったり、自分なりでいいと思うよ。
それが楽しさだと思うしね。

そのオモシロイ彼は、もう30数年前だけど独立して、居酒屋から始めて、専門店、大型店とか4、5軒やって、今はまた小さな居酒屋に自分も立って、昔みたいに思いっきり楽しくやってるんだよ。

0から始めて5になって満足していたのに、いつの間にか10、15、20欲しくなる。
でもまた5に戻ってみるってのが楽しめるコツかな。

またそれが出来るのがこの商売のいいところだね!

※写真は1987年の月刊「居酒屋」